学習塾で勉強をする

黒板を持って微笑む女子

学習塾に通っている生徒は、数多くいますが、それを有効に活用する方法を知っている人はあまり多くありません。ここでは、学習塾の有効活用という観点で書いていきたいと思います。有効活用するには、その学習塾をいかに知っているかという知識が必要です。つまり、学習塾にはどのような指導スタイルがあるのか、ということが前提知識になります。集団指導と個別指導の二つがありますが、各々のメリットは次のとおりです。集団指導の場合は講師が正社員であり、授業の質が高いことです。個別指導の場合は講師はアルバイト学生ですが、丁寧にしっかりと教えてくれます。理解力を必要とする数学や英語などの科目は前者の集団指導で、社会や理科などの暗記科目は後者で受けると対費用効果は高いものになります。

学習塾の指導スタイルの現在のトレンドについて書いていきたいと思います。現在は圧倒的に個別指導のスタイルが人気であり、トレンドです。従来からある集団指導スタイルは、ここにきて若干押され気味にあります。これは、顧客のニーズが多様化しているからに他なりません。つまり、生徒をひとりひとり見て欲しいという要望から、個別カリキュラムを作成してそれに則った授業をして欲しいという家庭が増えたのです。これは集団指導ではなかなかできないことです。それでは、集団指導塾はこの状況にたいして何もしていないかというと、そうではありません。すなわち、個別指導の授業も導入するようになってきたのです。個別指導を望む人には、別途個別カリキュラムを作成して個別の授業を受けることができるようにしています。