マンツーマンの学習

黒板を持って微笑む女子

現在、学習塾で高い人気を誇るのが個別指導によるものです。家庭教師とは異なり、その費用の手頃な点が人気の理由となっています。あくまでも学習塾というスタイルをとっていることにより、家庭教師とは異なり少ない講師で指導を行えることが費用の安さの理由となります。 複数の生徒がひとつのクラスで授業を受けるような形式のものと比べても、それほど費用には違いが出ないものとなっています。それに対して、生徒1人ひとりの個性や学習能力に合わせて指導を行う、マンツーマンスタイルを取ることによって、高い学習効果を期待することができます。親の負担もそれほどにはかからずに希望する結果を得られる可能性が高いものとして、多くの需要を集めているわけです。

個別指導のこれまでの歴史としては、生徒ごとに異なる習得度にどう対処するかという課題が常にあったことが関係しています。これまではクラス分けすることによって、習得度の異なる生徒をまとめて効率良く授業を行えるものとして広まったものとなります。けれども、そのタイプ分けもどんどんと細分化されることによってコストがかさむことになり、更なる新たなシステムが必要とされるようになってきたわけです。 そのような中で登場したのが個別指導です。大勢の生徒が集まる塾というスタイルを取りつつ、個別に自習をするブースを設けるというスタイルです。そしてその問題への取り組みや理解度によって使用する教材を選び、その解答へのアプローチをチェックすることによってそれぞれにアドバイスを行うというスタイルになるわけです。少ない講師によって行えるのが個別指導の最大の特徴となります。